QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
タコハム君、第二章
タコハム君のバイオハザード:
タコハム君は、怪しんだ。
ここに書いてあるとおりに仕事をしたら、エラいコトになるじょ。

トンガ本社の指示書は、ビビンパウィルスを使え、であった。
それはトンガならイイだろう、トンガなら。
しかしここは、日本だ。
日本でこんなもんが、もしも建物の外にモれたら、エラいこっちゃである。

モらさなければイイだろう

と、思いたい。
しかしそれは、シロウトの言い草である。
腕に覚えのあるタコハム君は知っている。
プロは、モらす確率をドン底まで下げることができるだけなのだ。
どんなに操作がウマくても、ゼロにはできない。
いずれ自分はウィルスに感染して、知らずに外へバラ撒く日が来るだろう。
それは百年後かもしれないし、明日かもしれない。

感染したとしても、ゲームのバイオハザードのような怪物になったりはしない。
人間に感染しても、たぶんちょっと熱が出るだけだ。
けれども半径100 km 以内の畜産業者は、全滅するかもしれない。
どこまで拡がるかは、政府の対応次第となる。
これは本物の、バイオ・ハザードなのだ。

どどどどうしよう。

このとき例によって、タコハム君の頭を、素晴らしく良からぬ考えがよぎった。
日本でこのウィルスがヤバいのは、野生動物やら気候やらのせいで、このウィルスが日本に自生していないからである。
だからまんいち外にモらせばDNAを追跡されて、自分とこからモれたことが簡単にバレるだろう。
全滅した家畜をぜんぶ補償することになれば、会社は左前となるからとってもヤバい。

しかし。と考へてみる。
事なかれでトロクサい日本の厚生省が、そこまで追跡するだろうか。
しない。たぶん。(爆)

バレないならば、賭けは断然、有利になるではないか。
もともと外へモらす確率は、とっても低いのだ。

いやいやいやと首を振る。
もうひとつ、重要なコトがあった。
仲良くしている親戚が、牛を飼っていたではないか。
感染を恐れて、あそこんちに遊びに行けなくなるのは、けっこう切ない。

タコハム君は、どちらの理由で、この良からぬ考えを改めたのか。
案外、踏み切らせた最後のひと押しは、親戚の子供達の顔の記憶であったかもしれない。

「認めてもらえないなら、この仕事、降ります」

トンガ本社と日本の事情との間で、やっぱりコロップの栓となって詰まってしまった。
ビピンバウィルスの替りに、安全なトックポキウィルスを使いたいというタコハム君の提案は、そんな時間もカネもないというので蹴られ続けたのである。

孤軍奮闘、ようやくフランスの研究所の理解を得て、トックポキウィルスを送ってもらって、ついでにその扱い方も研修してもらえるという協力を取り付けたときには、研究所の問題児ということで、本社送りが決まっていた。
続きは後輩が引き継いでくれるので、悔いはない。でも。

ちょっと行ってみたかったなあ。フランス。(爆)

ついでに本社でも問題を起こして、また退職するのは、もうちょっと先の話である。


ずいぶん経ってから、遠くの宮崎県でこのウィルスが蔓延して、多くの家畜が処分され、デカい被害を出した。
牧場から牧場への感染ルートは調査されたが、ウィルスのもともとの出所を調査したという話は、聞こえてこなかった。

その数年後に、今度はイギリスで蔓延して問題となった。
イギリス政府はウィルスDNAの型から、近くの研究所からモれたと発表した。

-------------------
スポンサーサイト
空想科学小説: タコハム君の失敗
スーパーのトイレの大きな鏡の前でも、やっぱりムーンウォークしてしまうタコハマです。



空想科学私小説: タコハム君の失敗
タコハム君は、悲しんだ。
彼は職場の無菌室で、よいこ細胞ともっとよいこ細胞をくっつけて、ベストオブよいこ細胞を作ろうとしたのだが、今はもはや、その試みも水泡に帰そうとしていたのである。

無菌室からガラス一枚隔てて見えるオフィスは、ほの暗かった。
そろそろ守衛のおじさんが、一回目の見廻りに来る頃であろう。
いつものタコハム君ならばここらで一服、マスクを取って無菌室を出るところだが、今日はとてもそんな気になれない。
キモチはとっくに、オフィスへ続く細長いエアシャワー室に、コロップの栓となって詰まってしまったオオサンショウウオである。

問題は、よいこ細胞の準備が、なされていないことだった。
もう一方の細胞の方の準備が煩雑なために、よいこ細胞のことが、不覚にも頭からトんでいたのである
それはここ十数年の間に、彼がこの手の仕事に慣れ切ったためともいえたが、彼を狼狽させ且つ 悲しませるには十分であったのだ。

1. よいこ細胞の替りに、テケトーなもんとくっつけとく

彼の頭を一瞬だけ、この素晴らしくよからぬ考えがよぎった。
テケトーなもんとくっつけとけば、今日のミスがバレることはない。
けれども、フランケンシュタインを作ってるわけぢゃないんだよ。
一週間後に育った細胞が、ベストオブよいこ細胞になっていなければ意味がない。

まさかなあ。
深呼吸をひとつして、次の手を考える。

2. (省略)


翌日からの3日間、タコハム君は会社では死んでいた。
次の手を施したといっても、どうせダメダメのダメモトの手である。
そろそろやり直しの準備にかかる頃合いか。

4日目に、あれ?希望が見えてきた。
7日目に、成功が確定した。
14日目に、大成功が確定した。

もともと難しいと言われていた仕事である。
既に米国と日本で2チームがトライして、やっぱり失敗していた。
だからそれなりの仕掛けはしてあったのだが、結果はその仕掛けを、更に3桁も上回る大成功である。

3桁。
ありえねえ。

なんでかなー?
知りたくもない。
なぜなら彼のいる部署は、この仕事の成否にかかわらず閉鎖が決まってドタバタしていた上に、彼の転職までもが既に決まっていたからである。
何を言い出したところで、成功の理由を落ち着いて解析するチャンスを、得られることはないだろう。
最後の仕事を終えた日の帰り道では、ちょっと泣けた。

それから会社をいくつか渡ったが、あのヘンテコな大成功の原因を確かめる機会は、ついに得られなかった。
最初の転職から数年目に、元の上司から電話があって、いくつかの特許を放棄する書類にサインをしてほしいという連絡のついでに、あの成功には、何か特別な方法を使ったのかと訊かれた。
ライバル会社の社員となってしまったタコハム君に、今さら何を答えられようか。


現役を引退した老人は、毎日を半分眠って過ごしている。
眠りながら、若かった頃のことを、うつらうつらと思い出す。
(なんでかなー?)
途中までは、理屈が通る。
しかしそこから先が、通らない。
一般に信じられている身体の仕組みに、合わないのである。

もしもあの実験結果が正しいのならば、教科書の内容の一部は、引っ繰り返るだろう。
まさか。
それで治る病気は多いだろうから、大金が儲かるかもしれない。
まさか。
ヘタに手を出して失敗して、老後の資金がフットぶのは勘弁である。

自分が生きてるうちに、誰かが引っ繰り返してくれるだろうか。
こんなことを考えている老人は、ひょっとしたら多いのかもしれないな。
タコハム君は、また目を閉じる。
たくさんの研究者の夢と悪夢とを乗せた実験ノートが、廃棄されて細かい灰となって空中を漂っているのが、見えたような気がしたのだった。

~~~~~~~


検索フレーズシリーズ。つまり、日記のネタがないということだ。(爆)
パチンコ ボラティリティ: ま、ボラティリティでパチンコをカタッたのは、アタシくらいだろなはっはっは。
ところでなんだっけ、ボラティリィティ。

ぶっちゃけ大五郎: ちょっとよくない?ぶっちゃけ大五郎、新リングネーム。

死期が近づくとどうなる: なんでこんなもんで引っ掛かったんだろ。
て思って、引っ掛かったページをみたらば、

”先週の週朝で、人は死期が近づくとどうなるかについて、医師が解説していたのであった。
一日の多くを眠ってすごすようになる: タコハマさんに似てるなあ。
排便が困難になる: 一週間ツマッてても平気です。”

辿り着いた人は、さぞがっかりしたことだろう。すんません。


>>ぶんさん
>>今年も終わりですね~


そうそう今年も、残り355日に迫りました。

失礼致しました。(爆)
前回の記事がぶんさんのコメで終っていて、後半部分が原稿のコピペから抜け落ちてしまったのでした。

>明日はヨン様台に年末の挨拶して蕎麦食って温泉でシメです^^

蕎麦食って温泉。
最高ですね。

>タコハマさんも良いお年を!

ありがとうございます。
ぶんさんもどうぞよいお年を。


>>大五郎さん
>ケータイからスマホに変えたらさぁ大変(-o-;)
>電話 メール全てが違うのね…


どう違うんでしょ。
興味、あります。
おやぢのタイヘンは、おやぢにしか分からないのです!!!

>なんとか使えるようになった三日目でございます
>(〃⌒ー⌒〃)ゞ
>あぁ しんど~


アク見たら、なんやらいっぱいページ変えてて、苦労されたようで。
ありがとうございます。m(__)m
これで大五郎おぢさんも、若者の仲間入りだっ!

ところで、なんでスマホに替えたの?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。