QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
癌の遺伝子検査について
青い空を返せやらさんざん聞かされて、実際に来てみたら、東京の空は青かった。
会社の健康診断で霞ヶ関ビルに行ったら、周りのビルに埋もれた普通のビルだった。
もうそれ以来、タコハマさんはマスコミを信じないね。
あいつらどういう基準か知らんけど、言うべきコトを言わないよ。

遺伝子検査の結果を受けて、乳房を切除するとかなんとか大問題になってるけど。
卵巣もそうだな。

しかし卵巣の場合は、癌の確率が下がる他にもメリットがある。
やっぱり誰も言わんから、タコハマさんが言うちゃる。
避妊の必要がなくなるぞ。
イイぞ~コレは。

もひとつ言うちゃる。
ゴムを使いたがらないのは男の身勝手だと、堂々と主張する女が、たぶんいると思う。
そしてたぶん、それ聞いてを笑っている女も、相当数いると思う。

タコハマさんの知る限り、前者は、知らないか鈍感か、どちらかのハズである。
卵巣除去に伴うホルモン低下は、補おうと思えば補えるが、それよりも積極的にメリットを取って、前向きに人生を楽しむ方が、よほど気が利いてると思うのである。

遺伝子検査の前にカウンセリング受けろとか、あくまでも自己責任とか、シロウトを混乱させるよなコトをマスコミは抜かしてるけれども、そんなもんより避妊いっぱつ、コレでしょ。
命の危険を前にしてる人に、背中を押してやる以外に何がある。
深刻そうな顔などせずに、楽しくグイッと押しちゃればよいのである。
スポンサーサイト
母の日に(2)
母の日に(2):
身体を病原体から守る方法として、いちばん優れているのは、どんな方法だろうか。

抵抗物質を、病原体に合わせて、その都度、設計すればよい。
ハシカになったら、ハシカの病原体をよーく調べて、それにぴったり合うような抵抗物質を一から設計して、体液の中にバラ撒く。
合理的だ。
合理的であり、ヒジョーに経済的だ。

けれども実際には、人間の免疫系はそういう風には出来ていない。
どんな物質にもぴったり合うように、抵抗物質を5千万種類、産まれたときからカラダの中に既に持ってれているのだった。
数で勝負。
なんでも来い。

どんなもんにでも抵抗できる多数の装備を、あらかじめ準備してあるというのは、いかにも先見の明がありそうにみえる。
けれども考えてみれば、とっくの昔に絶滅した病原体に対してだって、いまだに武装したままなんだから、先見の明も闇雲である。
理論上は、ドラクエのドラゴンに対する抵抗性だって、持っていることになるのだ。
つまりは宇宙を、敵に回しているのである。

危険だねー、こういうのは。
というのは、我々も、宇宙の一部だからだ。
ちょっと間違うと、自分で自分を攻撃してしまう。
これが、自己免疫病と呼ばれる難病である。
いわゆる、お年頃の女性に多い。
なぜであろうか。

宇宙を敵に回してるんだから、カノジョの身体にとっては、カレシだって敵である。
なんぼ大好きでも、臓器移植をしようとすれば、身体の抵抗物質は拒絶する。

結婚して妊娠したって、胎児の半分はパパなんだから、やっぱり敵である。
半分パパなもん、お腹に抱えて、ママの免疫、どうすんの。

ママのカラダは、無理をしてるのだった。
人類繁栄のために、女性は、宇宙までも受け入れる。
どおりで自己と宇宙の区別が混乱して、自己免疫病にもなりやすいのである。

今日は、母の日。
危険をものともせずに産んでくれた、ママに感謝。


オマケ:
つひに、新カテゴリ、バイオフェミニスト・タコハマさんを新設。
生命といえば女性、女性といえばフェミニズムといふ、アマリに解りやすい図式は必然といへよう。


今日の一曲: 川口千里☆SENRI KAWAGUCHI@ViNAWALK LIVE SPECIAL☆
ご存じ千里ちゃん。
フルスクリーンで見ると、エラい迫力です。
とくに 6:50 からの10秒間がしゅごい。

いつも思うんだけど、動かしてるのは足先だけじゃなくて、太腿の付け根から肢ぜんぶを上下させてるんだよね。
両脚とも動かしてるときは、カカトが床に着いていない。
もんのすごい運動量だと思うんだけど。
どこでカラダ、支えてるんだろ。
心配なのだった。(爆)
足りなくてもなんとかなっちゃう日記
母の日に:
人類の特徴のひとつは、火の使用であった。
夜が明るいとか、暖かいとか、メリットはいろいろあるけれど、本質的だったのは、調理である。
調理によって消化がよくなり、それまで消化管にかけていたエネルギー消費を、脳に振り向けることができるようになって、脳の増大が進んだ。
調理が無ければ、人を人たらしめている、知能の増大は無かったといえる。

だから、猿から人への最後のひと押しが、神の仕業だったとするならば、お台所でのママのお仕事こそが、神の仕事、そのものなのである。
お台所の神サマに、感謝。

ついでに言えば、完全な直立二足歩行に移行できたのも、消化がよくなって腸が短くなって、ゴリラのような太鼓腹の必要が無くなったからである。
お台所の、スマートなママに感謝。


5月10日(日)
試し打ちのエバに1時間座ってみっつ浮き。
高設定風味のジャグに半日座って、ジャグはトントン。
連休中に較べればアイてるけど、まだ足りないなー^^;。
(3.3貯、6枚貯、8時間)


>>電気鳥さん
>スロ師匠は女性ですか。


ナゾの女性、沙耶りんです。

>女性ってスロに向いてんですかね。

マレにウマそな人、見かけるけど、5号機からこっちは、少なくなったね。
電気鳥さんスロ打つの?


>>こんちゃん
>ちょり~ッス(o^∇^o)ノ


キャインキャイン。

>お、2周目ですかぁ、
>って事は、無限武器は手に入れたかな?


こりからです。
フルチューンしないとダメつうの、知らなかったんだよね^^;。

>オイラはまだ無限RPG7が手に入りません・・・
>あ、パチの事もなんかコメントしなきゃ(汗)
>んっと、エヴァのステージ使えねぇッス、以上。


あっはっは。
オレにもひとこと言わせて。
エバのゲージ、使えねえっす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。