QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
バースト、おりんちゃん、ヤマト
アシカ、アザラシ、オットセイ、セイウチ、トド。

と並べると、なんだか疑問が解決したような気がするが、気がするだけだよな、やっぱり。


5月27日(日)
昨日の帰り際に、1/200バーストエンジェルの大当たり消化を後ろで眺めていたら、3個のアタッカがヘンな連動をしていて、ちょっと面白そうだった。
このシリーズは、もともとロバートの後継機種という振れ込みだったので、興味はあったのだけれど、ヘソが線路のままなので、座る機会がなかった。
ロバのときのように、オイシい思いが出来るんだろか。
期待は膨らむのである。

というわけで、今日はその正体を、1円屋に確かめに行った。
そしたら、右側の3つのアタッカは、残念ながらロバのような一般電役風味の連動をしているわけではなかった。
通常の右打ち機種と、ほとんど変わることはない。
止め打ちは効くけれど、残念ながらロバとは無関係。

しかも1/200では、初当たりでは電チュ保留が貯まるまで、止め打ちができない。
もしも電チュが枯れたまま確変消化に進んでしまうと、ヘソ消化で当たった場合には、1/2で通常に戻ってしまうハズだからだ。
これを避けるために、大当たり消化中に小さなアタッカがときどき開く仕様になっているのであろう。
ヘンな連動に見えたのは、これであったか。

けれども1/100の方ならば、ヘソも電チュも共通らしいから、フルに止められるハズだ。
出玉も80個と、いかにも止め打ちが効きそうではないか。
どうせヒマなんで、明日試してみるかいな。
メシ代浮き。


5月28日(月)
バーストエンジェル設置店を、100キロ走って5軒見た。
19/kのボダ台があったとして、これを2割5分増しにするには、ボダを15/kまで下げる必要がある。
だから15/kしか回らんもんは、なんぼ下げても使えない。(爆)

5軒目が新装で、ついでにアケたらしい1/200獣王を、5時間打ってメシ代浮き。
4時間ばかりはボダの5割から10割増しブン回って、その後は押しても引いても回らなくなりました。
いや、正確には、椅子がキャスター付きで、押すと自分が椅子ごとズルズルと後ろへ下がるだけなのでありました。
最近は、ヘタに引くと警報鳴るし。

あとは閉店まで、なんぼにもならん1円のおりんちゃん打ってました。
赤文字であれこれアオッておいて、最後のアオリが、「展開次第!」

タ: そらそうだろっ!!!

こういう、気の抜けたコーヒーのような台も、ありかもしんないな。
絶対に、楽しんで作ってるだろ、サミー。


5月29日(火)
椅子ズルズル屋で、1/150ヤマト復活編。
賞球7個のボダ30/kだから、まー回るまわる、60/kで回る。
玉が、玉が増えちょる!(爆)

3時間ばかり、去年の夏の北海道の1パチのような勢いで回ったあとは、ボダ台になってしまった。
お仕置きを加へようとしても、椅子ズルズルー。
無抵抗ガンヂーより強いもんは、ないな。

たとえ3時間でも、ボダの倍近くで回ったのだから、たいしたコトになってほしいもんだが、手元の浮きは、メシ代にせいぜいお銚子付きである。
ボダが高くて一撃のない、回せるだけの仕様だから、3時間程度ではどもならんらしい。

持ち玉なのだから、いずれ回りが復活するのならば、ボダでネバるのもアリであろう。
しかし、どこまで復活するのかはガンヂーのみが知っている。
不屈の精神で来られたら、タマラん。
本日終了。


5月30・31日(水・木)
休み。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。