QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
休み日記
iPS細胞のノーベル賞は、へー、という感想だった。
この手の研究が世界中で盛んなのは、実用化で手に入るおカネを目指してるからなのだが、iPS細胞はまだ実用化されてないのだから、道半ばである。
それに先見性ならば、ES細胞の方が早かった。
iPS細胞が受賞するとすれば、実用化の目途が立ってからだろう。

と思っていたから、へー、なのだった。
しかし考えてみれば、iPS細胞は、生命の神秘を解き明かす材料としてならば、既に完成されているといえる。

これまで生命を扱う研究に用いられてきたのは、癌細胞だった。
試験管内でバンバン増えてくれるから扱いやすいのだが、もともとは癌という病気で増えてくれるのだから、生命の神秘を解き明かそうとしても、実は癌を解き明かしているだけかもしれない。

ES細胞は病気ではないものの、卵細胞を変化させたものだから、生命の神秘というよりも、生殖の神秘である。
生殖の神秘は、あくまでも生命の神秘の一部分なのだから、全体を見通すことは難しいであろう。

これらに対してiPS細胞は、普通の細胞に、既知の遺伝子を4個入れただけである。
未知の部分のない操作で、なんぼでも増えて何にでもなれる、即ち生命の本質を備えた細胞を、自由に手に入れることができるのだから、画期的なことといえる。
iPS細胞といえば、再生医療の実用化と思ってしまいがちだが、ノーベル賞では、そちらの方を評価されたのかもしれない。

~~~~~~~

第二章

なんでいきなり第二章。(爆)
倫理上、モンダイがあるからである。

ピッピコピー
大好きなあの子の細胞を、どうやって手に入れますか?

1. カヂる
2. 献血車を襲う
3. お守りとか言って、髪の毛をもらう

というような便乗育成ゲームを作ったら、儲からんだろか。
ちょっと無理か。

~~~~~~~

画期的といへば、iPS細胞は、人類を絶滅から救うことになるかもしれない。
というのは、総てのホニュウ類は、放っておけばそのうち絶滅するからである。
雄であることを決める染色体は、突然変異に弱いので、雄が生まれなくなるのである。

ピッピコピー
男性が、いなくなりました。

1. iPS細胞で、精子を作る
2. そのままにしておく ^O^

~~~~~~~


10月20-23日
休み。


今日の一曲: 「ネトゲ廃人シュプレヒコール」 (ニコ動)
ご存じ川口千里さんの、今回はアンサンブル。
エラくウマくてファンキーな女子ベーシストがいるなあ、と思ったら、韓国のプロの40代おっさんだそうです。
なんてきれいな肌なんだっ!(爆)


>>大五郎さん
>おかえりなさいまし(~o~)


はいただいま^^。

>そーですか昨日か一昨日あたりワタクシの頭上を飛んでたわけですか、正確には海沿い飛ぶんだろうけどね(^^)

もっと正確には、お近くをフェリーで航行しておりました。

>いぐ?
>それはもしや男女の営みと関係あるの?
>ないはずないか♪いい大人が中学生に戻るのは100%下世話な話ですから(笑)
>↑ここらへんウケました(*≧m≦*)


いぐは、たぶん北海道の男子中学生のロマンなんだと思われます。
月明かりに浮かぶ女性のシルエット。

いぐ。

>ところで北のおぢ様達は美容室派~(°Д°)?
>ワタクシはいまだに床屋さんです。
>父親と同年代の床屋さんです(*^ー^)ノ♪
>代金は2500円~2700円。
>その時によって値段が違います…
>いまだにその理由は聞けません^^;


寿司屋みたいな床屋ですね。
シャンプー時価か。

いぐ。

>散髪の時間より、お茶のみの時間がはるかに長い、じいさんばあさんがやってる床屋さんです。

床屋さんばっか行ってたら、村山首相みたいな眉毛になりますよ。(爆)


>>沙耶さん
>お~~~帰ってきたんだ!


そうそう^^。

>でもどこにいっても、稼働内容かわらないねwwwwww

どこにいっても、クギはアいてないからねー。
知り合いのパチ専も、廃業しちゃうし。
設定が読めるのは、今も昔もノーマル機だけだからしょんがないのよ。

>ほんとバタバタでいつも飲み会企画できなくてごめんね!
>年内には絶対にw


いつでも誘って^O^。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。