QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ジャグシミュ日記
ネット内をフラフラしてたら、Webmasterさんという方が作製したジャグラーシミュレーターが、こちら で無料公開されていた。
たとえば、6は一撃なんぼまでハマり得るか、というような問題は、エクセルで計算することができるけれども、中間設定がなんぼバケ連するのかという問題は、シミュに頼るしかない。
というわけで、ダウンロード版の高速シミュレーターを使ってみた。


1. バケ連から設定を推測する
8,000回転させたときの履歴に、バケひとコマ4連以上を含むのは
設定1: 20台に1台
設定2: 20台に1台
設定3: 7台に1台
設定4: 5台に1台
設定6: 2台に1台

という結果となった。
まあ、こんなもんか。

バケ連の威力は、午前中に発揮される。
高設定でもそうそう起きない事柄が、朝から起きてしまえば、もうそれは高設定風味だからである。
データが貯まるの待たずに稼働をスタートできるので、期待値も上がるのが嬉しい。

勘違いしないでもらひたいのは、これは朝のバケ確率を問題にしているのではないといふ点である。
バケ連は、あくまでもバケの瞬発力の評価である。
頂上が高けりゃ、山は高いのである。

午前中のバケ連の、もうひとつの長所は、捨てられ易いことである。
普通の店では、ミエミエの5・6を据えることはないので、朝のデータを作るよな勇気のある人は、シロウトさんである。
彼らは、朝からバケ連するような台は、捨てる。
この台にはこの後どんだけ不幸な一日が待っているのだろうて、それは不安にもなるだろう。
オレだって不安だもの。(爆)

ノイズ対策については、実戦上は設定3が店に7台もあったりしないので、中間設定はあまり気にする必要はないと思う。
しかし設定1・2は20台以上あるので、ノイズとして出現するだろうから、これは区別する必要がある。
まあしかし、5・6と1・2の区別になるのだから、その後のバケを見ていれば、間違えることはないと思う。

出現すれば捨てられるにしても、出現率が低ければしょんがない。
確実性と有効性とが裏腹なのは、統計推測の宿命なのである。
せめてオマケを。

8,000回転させたときの履歴に、バケひとふたコマで5連以上を含むのは
設定1: 10台に1台
設定2: 10台に1台
設定3: 10台に1台
設定4: 4台に1台
設定6: 2.5台に1台

という結果であった。
まあ、ひとふた5連は、ひとコマ4連よりもちょとアマそうである。


2. 最初の1,000ゲームから推測する
1,000回転させたときに、バケが4個以上ついてるのは
設定1: 5台に1台
設定2: 7台に1台
設定3: 2.9台に1台
設定4: 2.3台に1台
設定6: 2.1台に1台

1,000回転させたときに、バケが5個以上ついてるのは
設定1: 35台に1台
設定2: 18台に1台
設定3: 5.8台に1台
設定4: 5.0台に1台
設定6: 3.5台に1台

1,000回転させたときに、バケが6個以上ついてるのは
設定1: 35台に1台
設定2: 35台に0台
設定3: 18台に1台
設定4: 18台に1台
設定6: 7台に1台

という結果になった。
現実的なところでは、バケが5個ついてれば、3以上、だろか。
北海道実戦のように、2,000ゲームで17個とか付いてくれればラクなんだが。(爆)


~10月26日(金)
というようなコトをしていて、休み。
職安は、やっぱりたいしたもんはない。
東北の某県でバイオ技術者を募集してたが、さてどうしたもんか。

え?
いぐ?
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。