QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
シリーズ・人類繁栄のナゾを求めて: 第三回
シリーズ・人類繁栄のナゾを求めて: 第三回
母は、三人姉妹である。
姉妹はそれぞれに結婚して、合計4人の子をなしたが、その次の世代が続かなかった。
タコハマさんを含めて4人とも、離婚したり結婚しなかったり、結婚したけど子供要らんかったりで、一人として子がいない。
戦中戦後の食糧難の時期に、たぶん一生懸命に3人姉妹を育てたであろう祖父母の努力は、生物学的には全く無駄になったわけだ。

このような事象の起こる確率は、かなり低いハズである。
日本人の10人に1人が子を成さないとすれば、4人とも成さない確率は、慶次もびっくり、1/10,000 である。
コレを統計学では、有意という。
なんか理由がないと、こんなこた起こらんよ、というわけである。
どんな理由が、考へられるだろうか。
もしかして、4人揃ってヘンタイなのであろうか。

結婚しなかった2人は、身内の贔屓目を差し引いても美人で、性格も悪くない。
若い頃はモテただろと訊くと、そんなこともありましたねと言って、えへへと笑う。
男嫌いなのかと思ってると、そんなこともなさそうである。
タマタマうちに遊びに来た男に、目がトロンとなってたからである。
ダメだから。あいつは売約済みでダメだから。(爆)
惚れっぽいのは、血筋であろうか。(核爆)
いよいよナゾは深まるのである。

(つづく)


11月14日(水)
正午開店のジャグ屋へ昼過ぎに行ったら、なんとまあ甘デジのヘソが、そこいら中アキ。
この店がアケるの、5年振りで見たぞ。

けれどもよく見ればどの台も、万遍なく削られている。
右アタッカのクギが、恥ずかしくなるくらいひん曲がっていたりするからには、基本的に獲らせる気はないものと思われる。
この雑なクギに、ぜひとも天誅を加えてやりたいものだが、機種もバラバラ、デキも知らない。
残り9時間で、間に合うんだろか。

消化速度を優先して、海、麻雀物語と座ってみたが、物足りない。
回ってるときはキモチイイが、玉が跳ね始めると、途端に弱い。
意外だったのは、5年前と違って押しが利かなくなっていたことである。
ぴったりピタピタで、糊代がない。
警報出るから、引くわけにいかんしなあ。(爆)

結局、閉店近くまでウロウロして、ひとつホイの浮き。
デキはだいたい飲み込んだので、残れば明日も打ちたいが、どうだか。
次回の正午開店には、見ておれ、天誅加えちゃる。
Comment
≪この記事へのコメント≫
タコハマさんの新・シリーズに正しくリンクしてるかは解りませんが、かねてより暇な時に思った事を少々…


なぜ人は人を好きになるのか(特に異性)。


①自分に無いものを持っている、或いはまったく正反対という事に対するあこがれからの好意。


②自分と似た考え方の共感からくる安心感から転じた好意。


ようするに無い物ねだりか、似た者同士かの2つに大別できるのではないかとおもうのです。


それは自分に無い遺伝子情報を得るか、自分にある遺伝子情報をより研ぎ澄ますかという2つの考え方と合致するような気がするのです。


生物の本能としてより良い種となるべく、そういった選択を自然におこなってるのではないでしょうか?




これから考察するとタコハマさんを含むイトコは他からの遺伝子情報を必要としない完成形なのではないかと推察されます。



以上<(_ _;)>



2012/11/15(木) 20:21:39 | URL | 大五郎SP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
シリーズ・人類繁栄のナゾを求めて: 第三回母は、三人姉妹である。姉妹はそれぞれに結婚して、合計4人の
2012/11/18(日) 18:52:56 | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。