QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
愛は偶然、さだめは死
>>大五郎さん
>泣けました…

>立場は違うし目押しの出来 不出来も違うけど 自分の記憶とかぶります


>10数年も遡ります たしかギンギン丸とかのST全盛期でした
>奴はとにかくうるさくて 俺はもっと静かに打てないのか…と苦々しく思ってました
>第一印象は最低!

>しかし 何がどうなって話すようになったかの記憶は無いですが常連だったからなのか何なのか とにかく仲良しになっていきました
>北斗の拳 吉宗が登場した頃には閉店後飲みに行くような仲になっていったんです

>相方と出会ったのもその頃で 話すようになったキッカケは俺が吉宗を打ってるとき彼女が話し掛けてきたのが 最初です
>相方の印象も さっと来てガッツリ出して帰っていく…はっきり言ってライバルつーか敵でした(笑)

>そして番長が出てきた頃にはグループが出来ていて 二人だけの飲みが4~5人になってたなぁ~
>状況も良くて 自分が一番勝てた時代です


>しかし その頃から奴の行動や発言にグループの女性建ちに迷惑をかけるような事が目だってきました
>奴は自分から見たら息子くらいの年です 何回か諌めたんだけど 状態は良くならず 奴の事を避けるような空気が広がって行きました
>そーなると奴はすがり付くように まとわりつくように…
>悪循環を絵に描いた展開でした


>突然でした 朝ラジオを聞いてたら奴の名前がニュースから流れてきました

>まさか…

>しかし 間違いではありませんでした


>10日ほど前 命日に線香をあげてきました
>年に一回 今回で七度目でした
>行く度に甥っ子の成長で時間の経過を実感します


>言いたいこと 話したいことを山ほど残して奴はいってしまった



なるほど。
こういうのがカブると、泣けますね。

バクチに喜怒哀楽は付き物だから、してみると、このうちの哀を経験した人が、大花火フラッシュ見て泣くということになるんだろか。
バクチにマケて、哀となる人が泣く人、怒となる人が泣かない人といふのはどうであろうか。
みんなそんなに、怒りっぽかったっけ。

相方さんが、元敵、ウケました。
お嬢さんと肩触れ合うラーメンとか、面白いですね、大五郎さん、稼働記事以外が。(爆)
などと江戸の仇を取ってみる。

バクチにまつわる喜怒哀楽の哀をカタれ!

皆さまの投稿をお待ちしております。

アタシも、タコハム君の元上司が亡くなったつう話を聞いたばかりでね。(→ こちら

>ライバル会社の社員となってしまったタコハム君に、今さら何を答えられようか。 

言いたいこと 話したいことを山ほど残して、彼もいってしまったのでした。


今日の一曲;  「ひとつだけ」 (矢野顕子


進化の途上で、生物が死ぬことを覚えたのと、遺伝子の交換を覚えたのとは、ほぼ同時期だったとされる。
いつ訪れるやら分らん突然変異など待たなくとも、自分たちで遺伝子をかき混ぜ、寿命が来たら死ぬことで、生命は変化の速度を速めて、どんな環境でも頑張れるようになった。

それまでは寿命のない無限分裂で殖えていたから、仲間は全部クローン、自分自身と同じだったのだが、寿命と遺伝子交換とによって、ここへ他人が導入されることになる。
文学的にいえば、哀しみと愛とが同時に生まれ、その結果、自分と他人とが生まれたのだった。
愛が、他人あってこそであることを思えば、なかなか納得できる話ではあるまいか。
納得しづらい点があるとすれば、愛の出逢いが偶然であるのに対して、別れの哀しみは必然である点であろうか。

しかしまあ、進化そのものが、偶然なのである。
死も遺伝子交換も、はたまた高い知能も、最初の出現は、全くの偶然。
結果的に有利だったから、繁栄したにすぎない。
進化に、新しいものを生み出すチカラなど、ないのだ。
ぜんぶテキトーなのである。

だから、哀しい別れが必然なのも、テキトーでよいのではあるまいか。
テキトーに惜しんで、テキトーに思い出して、テキトーに忘れる。
タマに大花火のフラッシュなど見て、泣いてみる。

なんだか、自分の感情がオモテに出てこなくなった元パチプロと、バイオ技術者の言い草とが入り混じった、無気味な結論のような気もするが。
イイのイイの。
テキトーテキトー。(爆)
Comment
≪この記事へのコメント≫
不老不死だったものが、死ぬことをおぼえ遺伝子を撹拌しながら変化していく。

そして何千年か何万年か後に、不老長寿を求める…

これは古代への回帰なんでしょうか?

いにしえの記憶 DNAに格納された本能なのかな~

単なる 無い物ねだりならわらっちまうぜ(笑)

スケール大きすぎて(爆)

2013/05/01(水) 08:36:11 | URL | 大五郎SP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。