QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ジャグの扉を開く(2)
若葉マークと落ち葉マーク、両方とも付けて走ってるクルマを見たよ。
ホントかどうか知らないけれど、ちょっと感動した。


6月21日(金)
グランド屋よっつ浮き。
ブドウは上へ下へと振れが大きかったから、6ではないだろな。
どこで打つのをヤメるかで、どちらにでもなりそうではどもならん。


6月22日(土)
グランド屋ふたつ浮き早アガリ。
ブドウ悪くて、ビッグ2個入ったところでヤメました。
3,000回転、バケ1/160 だったけど、設定5以下でツかなくなったらしょんがない。
閉店グラフは、ああ、地面。

7,000回転で、バケまだ1/250あるてのが泣かせる。
後半4,000回転がバケ1/400だったつうコトは、ほとんどペカッてないじゃんよ。


ジャグの扉を開く(2):
ここまでグランド屋の稼働10日間が、ぜんぶ浮きとなっているのは、デキ杉の風呂桶であろうか。
特に後半は、ブドウ悪くて棄ててるから、5だの4だのも混じってるハズである。
それなのに、なんで平均みっつ超えで、チマチマと全部浮いてるのか。
こんだけぜんぶ浮いてれば、それはデキ杉などではなくて、必然なのではあるまいか。

タコハマは、だいたいは昼過ぎに出掛けて、空いてるバケ台に座るだけである。
どんなバケ台が空いてるのか。
バケ付いてはいるものの、ビッグの伸びてない、ショムナい台しか空いていないのである。
当たり前か。

ホントか?
ホントに当たり前なのか?

当たり前ではないのである。
隣町の、スレッカラシ屋と名付けられた店では、千枚出ようが2千枚出ようが、台の上の出玉グラフが下を向き始めたら、一度、空くのである。
連チャン即ヤメというヤツであろう。
たくさん出たからもう出ない、とも表現される。
グランド屋では、ずえっっっったいに空かないパターンである。

つまり、当たり前ではないのである。
タコハマがなんとなく打ってるのは、特殊なバケ台といへるのである。

スレッカラシ屋の下向き台が、その後どうなるかというとそれはもう、死ぬのである。
バケ付いてようが付いてまいが、おかまいなし。
常連は、その店のジャグを、よく知ってるのだった。
タコハマなど足元にも及ばない、ジャグの風雪に耐え抜いた、スレッカラシな野郎どもなのである。

グランド屋の方の下向きバケ台はどうなるかというと、再び伸びる台もあるけれど、地面までおむすびコロリンな台も目立ってきた。
3,000回転でビッグ・バケとも1/200 の台が、なんで残り4,000ゲームを使って原点まで落ちるのか、タコハマはカタる言葉を持たない。
スレッカラシな野郎どもに言わせれば、当然だと言ふのであろうか。

さて、どこが必然かといへば、グラフが原点付近のバケ台は、すぐにペカるのではなかろうかと、こう主張したかったのである。
ホントか?
どーだか。(爆)


今日の主張: ブドウ悪いときは、波を読め

けっきょくコレかよ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。