QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
タイトルなし
今月のウケ: 両手をついてあやまんしたって許してあげない (「御教訓カレンダー2012年1月12日」)
何なのだろうか、あやまん。


講義録余白:
カタツムリが雌雄同体なのは知っていた。
けれども、体の前方に雄性器、後方に雌性器が付いていて、お互いにヒックリカエッて精子を注入し合うとは知らなかった。
なんと情熱的、いや効率的なのであろうか。

雌雄同体といえば、海の生物、アメフラシであろう。
ナマコの親戚なのだが、こちらは先に精子を注入した方が、雄となる。
いかに相手よりも早く入れるかで、雌雄が決するといへる。

雄になっても、安心はできない。
3匹目がやって来て、精子を入れている最中の2匹目に、後ろから精子を入れ始めるからである。
ひー。

この3匹目だって、安心はできない。
4匹目がやって来て、更に後ろにつながるからである。

こうしてアメフラシは、どんどん後ろにつながって、数珠つなぎとなる。
アミノ酸がつながって、タンパク質になるのと同じだ。
つながったアメフラシは、ポリアメフラシと呼ばれる。

WIKI などでは、いちばん前の個体が雌の働きを、いちばん後ろの個体が雄の働きをするなどと書かれているが、だからなんだと言いたい。
いやしくも生物学者ならば、前と後ろをグイッとつなげて、輪っかにしてみるべきであろう。

そのときに何が起こるのかはアタシもよく分からんが、たぶんアメフラシに、世界平和が訪れるのではなかろうか。
世界を輪でつなごうとは、つまりこのことであろう。


8月20日(火)
ヤボ用終って、ああタバコ吸いたい、コーヒー飲みたい、どうせ休むなら、5スロのバケ台。
300回転でバケいっちょ。
ひー。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。