QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
タイトルなし
生物学余話:
有性生殖の後に、死はやってくる。
竹林は花を咲かせた後に、一斉に枯れる。
有性生殖をすることと引き換えに、死は必然となり、生物はエデンの園を追われたのである。

ならば、有性生殖をヤメればよいではないか。
そう思いついた貝原益軒は、接してモらさずを提唱した。
お蔭で彼の経営するなんちゃら塾の近辺では、溜まりマクッた塾生たちが猟奇とロマンに走りマクり、近所の人たちは迷惑したと云ふ。
なんとなくつやつやして元気なのは、老人ばかりであった。

小っちゃかったカラダの一部が、だんだん大きくなって、ついには新しい個体となって独立するのは無性生殖と呼ばれるが、ある朝、益軒はコレに成功しつつあると信じた。
隣のメシ屋で朝メシパクパク食べながら、無性生殖に成功したと主張したのだが、あいにく財布を忘れてきた。

旦那さん、それは、無銭飲食。

ただでさえ少ない読者を減らしてどうしようといふのか。


8月22日(木)
講義のストーリーを考へていて休み。
思いつくのはボツネタばかりである。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。