QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ピラ7、ベリ強、そしてSTAP君
今回の配信、ピラ7もベリアル強も、つえー。
ピラ7は、4人で1時間くらいコモッて、1勝もでけませんでした。
左手倒して、右手を黄色にするまでは、いったんだけどねー。

ベリアル強は、ビナスやら心頭滅却で一発を耐えることはできるんだけど、その後、赤くなって逃げ廻ってるうちに、追い駆けられて死んでしまったのだった。ああん♪

どちらも、貰えるもんが変わるわけではないので、もうイイです。
次は、プチバズズだなw


今回の大型配信で、ティア人口が増えるだろうと予想して、前日に銀鉱石を30列ばかり、115Gで仕込んでみた。
その晩に140Gまで上がって、ああん♪、明日はなんぼ儲かるじゃろ。

・・・週末にかけて、100Gまで下がりましたよ。
銀鉱石3千個も、どうしよう。(爆)
アタシが使う量なんて、1日に10個もないんだが。

5パーとか10パーとか儲けるんなら、なにも銀じゃなてもイイんだよねー。
つわけで今度は、隣の素材屋でようせいの粉買ってきて、1割増しで流してみる。
なんでかわからないけど、噂どおり、10分以内にぜんぶ売れる。(爆)
ああ、おカネ儲けとは、こゆことであったか。
ドラクエで人生が、解るなあ。

・・・30分でヤメたけどな。
店を往復するゲームて、ドラクエぢゃないよー。
おれ商売、向いてないw
ドラクエで人生が、どうしようもなく解るなあ。


小保方さんが、主論文を取り下げたのには、最初は驚いたけれど、理由を知って納得した。
ネイチャー編集に、取り下げを勧められたのである。

それ以外の理由で、本人が取り下げたとなれば、それはマケ、何もなかったコトを認めたことになる。
けれども編集の勧めとなれば、もともと掲載・不掲載を決定する所なのだから、それは天の声に近い。
なんぼいっぺん掲載されたからといって、断るわけにはいかないのであろう。
つまり小保方さん本人が、何もなかったコトを認めたわけではなかろうと、アタシは推測する。

編集の判断の理由までは、分らない。
けれども、たとえば常温核融合の論文がナシになったのに較べれば、ずいぶんと早いナシだと思う。
作製した1個の細胞の数が増えて、色々な臓器の原型までに成長するには、そらどうしたって時間がかかる。
それなのにこの早さということは、あまり科学的な理由からではないだろう。

ここまでは、STAP君にとって、痛くない。
人間が騒ごうが騒ぐまいが、STAP君は感知しないからだ。
ここまでは彼にとって、論文発表直後と、なんら環境に変化はないのである。

痛いのは、小保方さんの作った細胞が、別系統のネズミのもんであると、理研が検証したことである。
白ネズミをバラして出来上がったハズのもんが、調べてみたら黒ネズミのもんでしたとなれば、そりはどこかで間違えたでしょ、となるのは、これはどうしようもない。
STAP君は、存在の危機である。

科学の世界では、他人を疑っていてはキリがない。
隣人の仕事を失敗させようと思えば、シャーレのフタを開けて、ペッとツバを吐けば済むからある。
だからこそ、善意を信じる建て前になっている。

そゆわけで今、STAP君の存在について、相反するふたつの事実なるものが示されている。
一方が事実ならば、他方は誤りである。
理研は小保方さんの悪意を主張しているが、調査委たちの過去データがクロだったのに、再調査をしない組織の善意を、建て前どおりに信じるかどうか。

おら知らん。
Comment
≪この記事へのコメント≫
やほー!
ピラ7は楽しいね(笑)
何回かクリアしたけど、あれくらいの強さがやっぱ楽しいねー!
しかも構成の自由度もあるし。

強コインも面白いじゃん!初のアトラスは安さに引かれて野良ってみたら、実質三人討伐で、死闘だったけど超楽しかったよ(笑)
がんばれ!
僧侶でクリアできるようになったら、合格点あげるよ!(^○^)
2014/06/12(木) 21:31:28 | URL | 沙耶 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。