QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ヒマーなので、再び西原作品を推す
今月の豪快さん: 「つきあった人とはみんなナマですよ。避妊は顔ですね。(笑)」
(AV女優へのインタビュー記事、某月刊誌、ぶんか社)

きらびやかな表紙の雑誌の記事を真剣に読むと、オリジナルな表現に腰が抜けることがあるので注意しましょう。 凹○

8月26-28日(日-火)
休み。

タコハマが下品好きなのは、ホントはもともと下品だったのではなくて、決してじ(略)、素直に西原マンガの影響です。

作者は子供ふたり産んで育てて、オトコなんぞには理解できないらしい境地に達しているようですが、こゆ境地を知りようのないオトコのイエスやブッダがなに言ったって虚しいだろ、と思わせるくらいに、それは神聖な境地なのでありました。(「パーマネント野ばら」西原理恵子、新潮社、952円、2006年9月)

下品抜きでも表現できる境地なのかもしれないけれど、出身地である高知の魅力的な話し言葉を、敢えて下品に遣った効果は、素晴らしい。

下品は、下司とは違って、もっぱらに明瞭な生殖の表現というものだから、恋愛から始まって、伴侶の死なり子供の結婚なりで終る一連の大作業を表すには、優れて適切な表現手法なのではあるまいかと思えてくる。
これに較べれば、ロマン派が表現するものなんて、ぜーんぶコドモ。ムけ方が足りない。

その「パーマネント・・・」の続編風味の短編が含まれていて、お買い得なのが

「できるかな クアトロ」(西原理恵子、扶桑社、952円、2007年4月)

子供を産んで育てるた、こーゆーコトかい。
というような幻想に、子に縁のなかったおやぢでも、一瞬だけ浸れます。

まー、幻想なのか、真実なのかは、上品やら下品やらいってる程度のオトコにゃ、たぶん解らんのだろけどねー。

パチンコに関係ない下品な話題だけでは、どんどん読者が離れていくので(爆)、打ったことないけどえりちゃん情報。
デジ薄紫で確変確定、盤面右10ランプ最下点灯でモニング模様、だそうです。(守山塾)
一撃の時短に入ってるとは限らないんだろうけど。
一流のブログを定期徘徊してると、ためになることが多いです。
パチ雑誌には、まだ載ってません。
うちに近所には・・・入ってねえなー^^;。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。