QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
書き続ける日記
アク解のリピータ調査つうトコロ見たら、プロヘのアクセスは、半分は検索からの一見さんで、残りの半分は、ほぼ毎日見てくださる方と、数日に一度見てくださる方が、半々だった。
こんなハンパなブログにリピータさんが付いてくれるとは、ありがたいコトです。m(__)m

来週は、パチ打つ機会は少ないだろうけど、とにかく思いつくこと書き続けて、忘れられないようにするのであります^^;。
パチも関係ないのもコキマぜて、まとまりなくても、脱線しっぱなしでも書き続けたら、どうなるんだろ。
いつもと変わりなかったりして。
会話てもんは、もともとまとまりないし、脱線しっぱなしでも成立するもんだから、気にしないで書き続けてみるのであります。


教養のようなモノ:
その昔、「教養の英語」という雑誌があった。
30年前くらいまでは、確かにあった。
知っていることに意味があるという、教養の英語。
通じるかどうかは気にしない、教養の英語。
今では考えられないだろうけど、堂々と「教養の英語」だったのである。

文学も、教養とされた。
文学つうても、古典や詩歌ではなくて、流行小説と、その批評のことらしいんだけど。
古典になることもできず、今や大半は、忘れ去られてしまった。
島崎藤村やら滋賀直哉やら読みましたて人は、今では変わり者の部類なのではあるまいか。

フロイトやらユングやらの心理学も、たいしたもんだとされた。
いま考えてみれば、証明のしようのないことを、想像で書いただけのモノなんだけど。
証明できないんだから、仮説でさえもなかった。
科学の気がする、文学だったんだと思う。

哲学は、教養のうちでも、たいしたもんな教養だったのではなかろうか。
なんたって、難しいから。哲学は。(爆)
この世の意味やら、生きることの意味やらを、難しそう~に論ずる割には、カンタンな宇宙論や遺伝学に付いて行くことができずに、凋落しつつあるか、既にしてしまったんだと思う。
宇宙や物質や生命に関する新しい証拠と、その解釈が、哲学者のデカい頭からではなくて、自然科学の実験室からゴマンと出てくるのだから、付いていけないのも、しょうがなかったであろう。

替わって新しく教養となったものは、なんだろうか。
それとも、教養なんてものは、なくなったのだろうか。

教養の英語に替わったものは、会話の英語だろう。
言語は本来は、読み書きよりも、会話の方がカンタンなのだというコトに、六本木で遊ぶのが好きなコたちは、とっくに気づいていたことだろう。

文学に取って代わったのは、これはネットであろう。
読み書きが、より身近になって、ネット語や顔文字のような、新しい言葉や文化が生まれた。
PCに付いて行けなかった世代は、身動きがとりづらくなったが、このような状況はひと昔前ならば、無教養と形容されたかもしれない。
最新のOSに付いて行くことは、間違いなく、現代の教養のようである。

フロイトとユングに代わったものは、なんだろう。
とくに思いつかない。
思いつかないというコトは、さして必要のないものだったのかもしれない。
ただのニセモノだったんだろなー。

哲学に替わるものは、これは間違いなく、自然科学だろう。
認識の仕組み、生命の仕組み、自己と宇宙の関わり、宇宙の成り立ち。
哲学の重要なテーマに対して、ここ数十年で医学、生物学、物理学が、次々と答のようなものを出してきた。

哲学的な分野に留まらず、生物学が作った遺伝子組み換え作物は、ご飯の中身についてまで、我々に判断を迫ってくる。
新聞のバイオの解説が理解できないと、メシも安心して食えないし、食品関連の株価も予想できないというコトは、新しい教養分野ができたということであろう。

みつめていくワタシ:
ご飯の中身について判断を迫るのはよいけれど、通常の解説のようなものは、無責任にもこの辺で終るものばかりである。
組み換え作物について、判断を迫られていますとか、議論していかねばなりませんとか、みつめていかなければなりませんとか言われてもなあ。
これでは、何も言ってないのと同じであろう。
我々は、安心できるのか、できないのかが、知りたいのだ。
みつめていくオマイは、いったいどっちだと思うんだ。

似たようなものに、やるべきことは、やる。必要なことは、やらなければなりません。などという、政治家の常套句がある。
これは、パチンコは出るときは、出る。と同じで、前提が結論を含んでいるから、実際には何も言っていないのと同じだ。
出ないときに出ることはないし、やるべきでないことをやったら、ただのヘンな人である。
大事なのは、なにをやるべきで、なにをやるべきでないかなのだが、どちらかわかんないので、やるべきことをやるのなら、こりは教養が足りてないというべきであろう。

見ていると、この意味のない常套句を、よく使う政治家と、あまり使わない政治家がいる。
小泉元総理と、麻生総理は、よく使う。
アタシの好きな、福島党首も、よく使う。
やるべきことは、やるっ!と語気を強めながら、何をやるかは、たいていは言わない。
聞き手を、ずいぶんとバカにしてるて、思わない^^;?
やるべきことは、キッチリやる。などと修飾語を入れられると、ますますバカにされた気持ちになるのは、アタシだけだろうか。

といふわけで、やるべきことをやって、みつめていくのだー。(爆)
(つづく)


10月17(金)
休み。


>>こんちゃん
>タコハマさん こんにちウィシュ(*´∇`*)


年金びっくりだね。
あべしの天誅、頑張れー^O^。
経過報告、きぼう^^。

>なんか咳だけが続く病気があった気が・・・
>たしか、命には係わらないので大丈夫ッス(たぶん・・・)


しゃっくり千回で死ぬとかいうウワサもあったような^^;。
実は、禁煙すると咳もなくなるんだけれど(爆)、禁煙続かないので、咳も止まらないのです。(核爆)

>オイラ達は健康診断がないから不安ですよねぇ(^▽^;)

ご町内や国保から、人間ドッグの案内は来るけど、あんなもん、受けないよなあ。
バリウム飲むと、泣きそうになります。

>オイラもタバコはやめませんよぉ。

まーでも、知り合いにはみんな、長生きしてほしいんですが^^;。

>まぁ、パッケージに
>「喫煙は、あなたのハマリ確率を高めます」
>とか書いてあれば、すぐにヤメますけど(笑)


ウケますた。

>十日間もお休みッスか(*´∇`*)
>なにか分からないけど、楽しんでくだしゃいネ♪


しうしょく活動関連だから、楽しくないっす。
ああ、かちょわりい。
またオチるんだろなー^^;。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。