QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
パチンコ依存症を治すには
パチンコ依存症を治すには、パチプロになればよいのである。
パチンコ依存症は、病気でもなんでもない。
病気にしちゃった方が、周囲がラクなもんだから、病気にしてるだけである。
その証拠に、おこづかいをたんまり持った高級住宅地のオバちゃん達が、なんぼマケたところで、誰もパチンコ依存症とは言わない。

パチンコが楽しいから打ちたいというのは、全く正常な反応なのだ。
理性が足りないだけである。
理性が足りないなぞ、全く普通のコトではないか。

いっぺん勝って味をシメて、もっぺん勝ちたいと思って打ち続けるのが、パチンコ依存症と呼ばれるものであろう。
ここで、パチプロの本質といふものも、紹介しておきたい。
よく回るパチンコでたくさん勝って、もっぺんたくさん勝ちたいと思って打ち続けるのが、パチプロの本質なのである。
よく回れば、遣うお金が少ない分だけ、たくさん勝てるもんだから、すっかり味をシメたのである。
パチンコ依存症と、よく似ているではないか。
パチンコ依存症からパチプロまでは、ほんの一歩なのである。

そんだけよく回るパチンコがあるのかというと、皆無に近い。
皆無に近いというコトは、僅かにあるというコトである。
その僅かを求めて、足を棒にして歩くのがパチプロである。
すっかり味をシメているので、回るパチンコじゃないと、今さら打てない。

どんだけ回れば、そんなにたくさん勝てるのかというと、3円交換ならば千円で30回転、等価ならば25回転である。
こんだけのもんは、ほぼ皆無といってよいから、足も棒になるわけである。

棒になったあとにどうなるかというと、パチンコが嫌いになるのである。
回れば勝てるコトに味をシメてるから、回らなければ損するコトもよく知っている。
店中のパチンコが、ぜんぶ回らないもんだから、店中ぜんぶ敵に見えてくる。
一歩入れば、みんな敵。
次の店も、みんな敵。
だんだんパチンコが、嫌いになってくる。
店中のパチンコに、こぞって拒絶されてるのだから、嫌いになるのも道理である。

だいたい30も回るパチンコなんて、寄りがどうのワープがどうの、細かいコトを言う前に、まずはヘソが「ハ」の字くらいアいてないとどうにもならないから、通路をすたたたと歩いただけで分かってしまう。
半日もあれば、街中の店をすたたたと歩いて、街中の店に拒絶されてしまう。
絶望するのに半日しか要さないのであるから、依存症になど罹りたくても罹れない。

パチンコを嫌いになりたいなどと、ツマランことを言うヤツには、是非とも足を棒にしていただきたい。
半日といわず、10日間くらいかけて、隣県まで廻っていただきたい。
疲れるだろうし、バカと言われるだろうけど、店のトイレで吊るよりはマシであろう。
そうして、絶望するにしろ、味をシメるにしろ、旅の終りに依存症は治っているのだ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
No title
タコハマさん ご無沙汰しておりました(^▽^;)

仰るとおりッス。
本気でプロを目指せば、
か~んたんに嫌いになれます(笑)
オイラは・・・
好きだけど嫌いみたいな、
パチンコ愛憎劇でしゅね。

まぁ、長く専業をやれるなんて、
オイラみたいな変態チックな御仁だけかも(爆)
2009/03/03(火) 23:37:19 | URL | こん #-[ 編集]
No title
やほほ。

昔、そういや、某ネット上の「パチンコ依存症の夫」についての相談で、
勝てばおごってくれたりするんですが、負けると云々・・・・などとアホなことを
ぬかしていたので
「負けるのが駄目なら、もっと旦那に勉強してもらって勝てるようにしたらいい。
勝てるものなんだから」
と言い放ったら、ドン引きされた記憶が・・・・・(-_-;)

ふつ~~~のことを、普通に言っただけだと思ったんだけどね・・・・・
2009/03/04(水) 08:40:42 | URL | 沙耶 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。