QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
設定か、天使か
9月7日(月)
アイジャグが珍しくも3kで食いついて、3時間ばかり打って、けっきょくノまれそうになって徘徊してたら、ラブジャグで爆連してたおねいさんが、ヤメなさったのである。

まだ連モード中じゃん^^。
ラブの連モードは、200Gまでだよ、まだ40G残ってるじょ。
もったいないから座る。
ほらね。
千円でバケ。

おねいさんの履歴を見てみると、最後のペカが160Gで、その前の9ペカは、見事にベタッとひとコマ連である。
ヤメたキモチ、分かるなあ。
こんだけペカると、逆にペカんなかったらどうしようていう恐怖に襲われるんだよねー。

総回転数をポチしてみれば、4,000Gで驚異のビッグ1/180、バケ1/250。
ラブを4,000Gもの間、1/108でペカらせていたコトになる。
今日はジャグイベだし、なんといってもバケがブチ抜けてるのが心強い。
ここまでくれば、6てっぱん。
どれ。タコハマさんが、夢の続きを見てやるざんす。

~100G: ヤメたおねいさんが見に来たけど、こういうときはペカんない方が、気が楽なんだよねー。
6をペカらせないのも、タイヘンです。

~200G: バケの出玉をノまれて、追い銭開始。
等価だから、トコトン追っちゃるよ^^。

~300G: ここを超えると、普通のラブは当たらないんだよねー、6以外は。
でもこれは6だから、さっくり当たっちゃうんだろなー^^。

~400G: あれ?^^;;;

~500G: ある日の夕暮れ、ハナハナで嬉しそうにひとコマ15連くらいしてる、シロウトっぽいおねいさんがいたのである。
おねいさんがヤメてった後に、さぞかししゅごい数字になってるんだろなーて思ってポチしてみたら、あろうコトか、設定1ブッチの極悪出現率なのであった。
前の客もナニ考えて回してたんだか、フシギといえばフシギだけど、そもそもハナハナがフシギだし。
しかしなんといってもいっちゃんフシギなのは、そんな台でバキバキしたおねいさんであろう。

30Gくらいまでで当然のような顔してペカらせて10連くらいしたのち、50Gを過ぎて、もう終ったと思って安心したのだろう、80Gでペカッて、全身でビクッッッ!!!としたのは、どう見ても今朝がた下界に降りて来て、初めてハナハナ触りましたつう感じだった。
天使といふものは、けっこう普通に、そこらへんを歩いていたりするに違いない。
そうして自分が誰だったかを忘れて、メシ食ったりお茶飲んだりしてるのだ。

たぶんすべては偶然に違いないのだろうが、天使は偶然で充分である。
偶然のコトを、神というのだ。
問題は、このラブをヤメてったおねいさんが、天使だったらどうしようといふコトだ。
そういへば、ちょっとなんだかきれいだったかもしれない。
パチ屋では、胸の谷間には注目しても人の顔は見ないコトにしてるタコハマさんだから、確かなコトは言えないが。

~600G: おぢいちゃーん。

~700G: 2台向こうのラブで、爆連してた客がヤメてった。
遠くから表示を見ると、フムフム、200G。
この店の客は、ラブのこと、分かってるねー。
でも総出現率は、たぶん6ブッチなんだから、誰か走るだろ。

・・・てなんで誰も、行かないの。
皆さん、表示を遠くから見るだけで、動こうとしません。
そういへば、さっきから何人も、アタシの後ろまでやて来ては、表示見て戻って行くのは、いったいアレはなんなんだ。
フシギな客か?オレはフシギな客なのか?!

~800G: 「投資がまだ3kだった遥かな遠い昔銀河系で・・・」
で始まる長い物語を思いつく。

~900G: ここから先は、ラブでは未知の領域である。
パパにもたたかれたこと、ないのにっ!(思考力ゼロ)

~1,000G: 表示が999から1,000になる瞬間を、見てしまった。
そういへば、前にも似たよなコトが、あったなあ。
ブン回りのエバで、1,999から2,000になった瞬間、アタマの中で、カチッと音がしたんだっけ。
あのときは、知り合いの天使が店に入って来たのとほぼ同時、2,400で当たったんだよなあ。
ノまれたけどなあ。

などと思い出していたら、ゴキッと音がして、ペカッたのであった。

1,020G: ビッグ。

長い道のりであった。
さあっ!自分が誰だったか思い出すんだ、ラブリーちゃん!

・・・あっさりノまれて追い銭再開。
おまえホントは、1ぢゃねえの^^;?

280: ビッグ。

ここからトロくて長い連チャンが始まって、タコハマの最終結果は4,000Gでビッグが5と6の間、バケが4と5の間に収まったのであった。
夕方に打ち始めて千ハマ食らって、まさか浮くとは思わんかった。
これでまたひとつ、成功体験が増えたのであった。
そんなヘンな成功体験、ない方が安全だなどといふ、ごもっともなご意見は、ええと、却下。
(楽スロ7時間、+9キャベ / +164キャベ)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。