QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ドイナカパチンコ
加藤和彦を惜しむ:
あーあーあー。
加藤和彦が逝ってしまいました。
残念だねえ。
本人の意志らしいからもう、あーあーしか言えません。

アタシが初めて衝撃を受けたのが、「タイムマシンにおねがい」でした。
学祭で学生バンドが演奏してたのを聴いたんだけど、衝撃的だったねー。
カワイイ顔で、アタマはカラッポのねいちゃんボーカルが、パンツ見せて歌うには最適の歌。

いや、こりは言い杉だし、カラッポに見えたのも、後で聞くと、多分に演出らしかったんだけど。
パー子て呼ばれてるボーカルの娘に、ピンクでフリフリの超ミニ着せて、ノッてくると机の上の跳び乗って歌うんだからもう、全員カラッポですよ^^。

なんであそこまでノれたかというと、日本語の使い方が、ウマかったんだと思う。
ロックンロールを日本語で歌おうとすると、どうしても無理が出てくるのはしょんがない。
ノリを維持しようとして、サビに外国語を持ってくるバカとか、本来の日本語にはない[ r ]を多様するアホとか、聞き苦しい人々の中で、加藤和彦は偉かった。

次に出会ったのは、ポンキッキであった。
あの時代のポンキッキは、素晴しかった。
ブレイクする前の安室奈三江が、ウサギの着ぐるみで踊ってるのはカワイかった。
制服を着た看護婦さんのタマゴ数百人が、緑の芝の上で、青い空をバックに、体操をするのは感動的であった。
なんの話をしているんだ。

加藤和彦も、自作の曲の映像に出ていた。
お洒落でねー。
なんぼ馬子が衣装を着けたって、あんだけカッコヨくはならないと思う。
お洒落というのは、ひょっとしたら、衣装じゃないのではなかろうか。

学生運動の世代には、フィーリングだけだったりヒトのマネだったり稚拙だったりのニセモノも多かったんだけど、加藤和彦はホンモノでした。
あんなオヤジに、もっと長いこと生きてもらって、楽しい歌をひとつでも増やしてもらいたいもんなんだけど。

(・ε・)プップクプー (鎮魂のラッパ)


10月19日(月)
歯医者にいぢめられて、一目散にパチ屋へ逃げて来たのであった。
3時間ばかりジャンジャグに遊んでもらって、あんまし増えないから店内を散歩していたら、右打ち権利物に、気になるランプ発見。
朝イチ台だから、モニングかもしれないと思うんだけど、隣の客はでんでん気にしてない様子。

ジャンジャグに戻って、いちおう連チャンゾーン抜けるまで打って(爆)、流して戻って来たら、隣の客はいなくなって、モニング風味は空き台のままなのであった。
モニングじゃないんだろか。

デジタルを回してみる。
気になるランプは消えない。

右打ちで、スルーを通してみる。
右の電チュ抽選でしたというオチは、009なんかで、よく騙されたパターンなんだよね^^;。
でも今回は、気になるランプに変化なし。
らっきぃ^O^。

というわけで、夜の7時にモニングゲット。
連チャン抜けるまで打っていつつ浮き。
ドイナカじゃなきゃ、こんなのあり得ないよね^^;。
こりがドイナカの勝ち方だー。(爆)
(5時間、楽スロ: +5キャベ / +222キャベ)
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。