QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
投資のバイオベンチャー2
できもせんコトできると言ってカネ集めたら、そりは詐欺とゆうもんですが、それをいったらバイオは丸ごと、悪気のない詐欺みたいなもんなので、これはもうどうしよもうない。
それにもかかわらず、バイオに対する投資がブームとなった理由には、類推による、ちょっとした勘違いがあったと思われる。

勤勉で、手先の器用な日本人は、小さなラジオやよく走るクルマを作ったから、バイオだって得意であろう。
という類推は、たぶん間違っている。
ラジオは知恵と努力で、小さくなった。
逆にいえば、ラジオが小さくなるには、知恵と努力しかないであろう。

けれどもバイオには、知恵も努力も、勤勉も器用さも、それほど役立たない。
なぜなら、この薬がその病気に効くがどうかは、既に神サマが決めていらっしゃるからだ。
知恵と努力で、その結果に人より早く辿り着くことはできるけれども、効かんもんを効くようにするのは無理というものである。

日本の町工場の、NASA御用達の精密部品を作ることができる職人さん、ということからの類推も、間違っている。
職人さんにしか出せない結果など、信用してもらえないからだ。
バイオの最終目標が人体であるからには、誰がやっても同じ結果が出るくらいのもんでないと、信用されないし使えないのである。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。