QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
B型肝炎報道のインボー
B型肝炎が和解協議入りねえ。
どこのマスコミも、なぜか伝えないのは、興味深いと思うのだが。
どうして感染経路から、特に性交渉を除いて伝えるんだろか。
B型肝炎は、エイズや梅毒と同じく、性感染症でもあるのだが。

感染経路自体を解説しないのならば構わないのだけど、母子感染、注射針の使いまわし、輸血、などと挙げておいて、我々のいちばん身近で注意すべき感染経路をマスコミが伝えないのは、妙であろう。

もうひとつ、いつも気になる、言葉の言い換えがある。
患者にお金をあげることを、救済と呼ぶのは、なんでだろ。
お金をもらうのと病気を治すのとは、でんでん別のことであろう。
お金をくださいというのを、救済してくださいと、なんでわざわざ言い換えるのか。

こういうわけわかんないコトをすると、ニュースの印象は、変わってしまう。
和解の例が、ひとり150万円だから、命の危険に晒された割には少ないであろう。
救済というには、マコトに足りない。
だから原告が求めているように、B型肝炎のすべての感染者を救済するのは、とっても自然な気がしてくる。

かどうかは知らないが、100人に一人は感染者だから、けっこうデカいよ。
これに風俗従業員と、その客も含まれるとなれば、読者の印象は、かなり変化するんじゃなかろうか。

和解の行方がどうなろうが、財政赤字がギリシャだろうが、タコハマさんは知らん。
興味深いのは、マスコミの態度である。
患者の立場に立って記事を書くのは構わないが、受け手の印象を操作しようとするのは、ずいぶんとバカにしたハナシである。
Comment
≪この記事へのコメント≫
No title
性交渉では、B型慢性肝炎にならない(一過性の急性肝炎になる)らしいです。
今回問題になっているのは慢性肝炎の人なので、マスコミも報道しないのではないでしょうか。
2010/05/20(木) 14:43:24 | URL | #-[ 編集]
Re: No title
コメントありがとうございます。
性交渉で、B型慢性肝炎にならないことはありません。
なる比率が低いだけです。
B型肝炎ウィルスの感染原因で、最も多いのが性交渉ですから、母数が大きければ比率が低いのは、実際には問題とはならないでしょう。

更に言えば、感染原因の種類も、慢性化とは関係ありません。
感染原因が何であっても、病原菌を排除する免疫機構がヘタッていれば、ウィルスを肝臓から排除できずに慢性化します。
出産時の母子感染が慢性化しやすいのは、新生児の免疫が未完成だからであり、性交渉による感染が慢性化しづらいのは、そのときまでには免疫が完成しているからです。

つまり、性交渉だから慢性化しづらいのではなくて、免疫が未完成の乳幼児は、通常は性交渉をしないというだけです。
通常の意味で性交渉でなくとも、たとえば噛み付けばB型j肝炎ウィルスは感染するし、最もよく噛み付くのは、大人よりも乳幼児かもしれません。

そういうわけで、誰かの立場に立って報道するのは構わないけれど、事実は事実として報道しろと、判断は読者に任せろと、思います。
感染原因から、最も多いものを除外して報道するのは、コレはどうしたってミョーでしょう。

2010/05/24(月) 17:18:42 | URL | タコハマリノスケ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。