QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
改憲かカイ君か
本ブログには、週末になるとお下品な単語が混じってくるなあと思うのは、考へ杉である。
本ブログはいつだって、レディーも参加できる知的な板を目指しているのだ。

今週のウケ: 「セックス・アンド・ザ・してえ!」 (きっこの日記)

改憲かカイ君か:
世界に冠たる平和憲法は、占領軍が書いたものである。
だから占領軍の母国の都合が変わると、さっくり無視されて、カンタンに再軍備しちゃったのである。
コレを、一貫してない、矛盾してるなどというけれど、アメリカのいいなりという点で、きちんと一貫してるのである。
だから改憲するならば、ホワイトハウスで議論してオバマがサインするのが、スジってもんであろう。
来たるべき選挙では、もちろんソフトバンクのカイ君に入れるのである。

護憲にしろ改憲にしろ、どうしてもこの種のバカバカしさがつきまとう。
国民の血で勝ち取った民主憲法ではないのだから、もともとが誇る性質のものではないのである。

しかしそれではツマラナいので、民主憲法スパムメール仮説とゆうのを考えてみる。
占領国は、自国の憲法と似ている憲法を、被占領国のために書くだろう。
その際に、ちょこっと変更を加えてみる。
その変更が、以前の憲法や他国の憲法よりも、国を栄えさせるものであれば、長く保持され、他国の改憲に影響を与えるだろう。
逆に国を衰えさせるものであれば、いずれエラいコトになって壁が崩壊して、変更もろともその憲法はなくなるだろう。
出来の良いスパムメールは、増殖するのである。

日本国憲法を書いたアメリカは、自国の憲法の範を、ヨーロッパの民主憲法にとっている。
国が栄えて、民主憲法が増殖しているのは、明らかであろう。
自らの血を流す流さないにかかわらず、民主憲法は国を栄えさせるのだ。

問題は、ちょこっと加えた変更である九条が、増殖するかどうかであろう。
世界に冠たるなどと言われるだけあって、今のトコロちっとも増殖した様子はない。
ミサイル打ち込まれて、エラいコトになるのであろうか。
それとも千年かかって、増殖するのであろうか。
だいたいアンポなしで、増殖でけるんだろか。

いずれにしても、もしも憲法がスパムメールならば、ことさらに誇る必要もなくなるわけである。
古代中国や、近代のイギリス・フランスのように、全くオリジナル・それまでからすれば奇想天外な憲法を作ったというのならば誇ってもよいだろうが、他国と同様にそのスパムメールを受け継いでいるだけならば、押し付けられたものだって、一向に構うまい。
大事なのは、そのスパムメールで国が栄えるかどうかであろう。

押し付けられたコトを理由に改憲を主張する政治家には、まーあんまし注目しなくてもよいのではあるまいか。

改憲が選挙の争点にならないのは、自民党も民主党も、改憲に積極的だからである。
共産党はなんと言ってるか知らないが、平等な社会主義国家は建設するけど徴兵はしませんなどと言ったら、ジャグが万枚出すであろう。

さて、どこに投票したもんであろうか。

「わんわん」


>>沙耶さん
>おはよ!


どうも^O^。

>コメントありがとw
>でもさ~~~ランキングとかあまり意識はしてなくてw
>ただ、いろんな人に読んではもらいたいから、来てくれる人が多くなるといいなぁ~~
>と思って、にほんブログ村のスロットブログランキングにも登録してみましたw


へー。面白そうだな。
といふわけで、アタシも登録してみましたブログ村。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

どこに貼ったらイイか忘れちゃってあちこちタグ貼ってみたら、ヘンなところにしか出現しないよ^^;。

>でも、きっとタコハマさんがポチって押してくれたから、ランキング上がったんじゃん?

今まで3-4回しかポチしてないよ。
そういえば、沙耶さんのリンクから来てくれた人もいたし。
人気出てるんだと思うよ^^。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。