QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ヒマだと長い盆明け日記
>暇なら、更新しましょう~~~~!!!!!!!!!!!!

>僕なんか一日何回タコハマさんのブログ開いてるか自分でもわかりませんよ( ̄ー ̄)


ああ、世間は、なんでアタシを放っといてくれんのだろか。
人気者はツラいのう。


マスコミのインボー:
ヒマーなので、読売新聞を読んでみたのである。
朝刊の19面では、この夏からエイズ感染者を、会社の障害者雇用枠で雇えるようになったことを、伝えてるのであった。
タコハマさんどこにも雇ってもらへないから、エイズになって雇ってもうらおうかしらん。

つまんない冗談はともかく、記事は例によって意図的な表現に満ちていたので、タコハマさんが正確性を重んじて、この場で添削しちゃるのである。
まずは小見出し。

職場感染のリスク ほぼゼロ

職場感染のリスク ゼロではない

え?添削になってない?
よく見てほしい。
ふたつの文が示しているのは、同じ事実である。

次は本文。

HIV感染者が、職場で感染するリスクはほとんどない。

HIV感染者が、職場で感染するリスクは少しある。

これも同様である。
ついでにいえば、感染者が感染することは、ないけどな。
正しくは、感染させる、だから根本的に間違ってるけど、今回は措く。

問題は、同じ事実を示すふたつの文が、まるきり正反対にみえることである。
読者にとって大事なのは、どんくらいほぼゼロで、どんくらいゼロではないのかなのだが、記事にはそんなことは書かれていない。
しょんがないからタコハマさんが解説して、併せてマスコミのインボーに言及するのである。

職場で気をつけるべきは、タマに起こる流血である。
記事では、通常の社会生活ではうつりません、などと書かれているが、通常が流血であれば、血が足りなくなって死んでしまうとでも言いたいのだと思ふ。

流血は、通常の生活でけっこう起こる。
紙で手を切る、鼻血が出る、虫刺されを引っ掻いても簡単に出る。

この血液が、健常者の傷口に触れればアウトだが、実は傷口も、けっこうあるのである。
紙で手を切る、虫刺されを引っ掻く以外にも、指の気づかないほど小さなささくれや、手荒れもひどくなれば傷と同じである。
2本の手には、なんらかの傷口があると思っておいた方がよい。

傷口に触れるには、一滴で充分だから、流血量は問題ではない。
たとえ一滴でも血まみれでも、危険なことに変わりはないのだ。

感染者の血液に、触れたかな~~~、と思ったら、そのまま立ち上がって、流れる水道水で、なるべく長く、せめて3分間以上かけて洗っとこう。
重要なのは、触れたかなー、触れてないと思うけど、というときは洗うことである。
理由は省略するが、タコハマさんなら石鹸やアルコールは使わない。

え?そのあと?
知らん。(爆)
エイズの抗血清でもあれば打っとけばイイのだろうけど、そんなもん、世界の研究者が作ろうとして、みんな失敗した。
3週間以上経ってから、感染したかどうか調べるために、保健所に行くてもんであろう。

机や床に飛んだ血液の処理は、直に触れないように行う。
穴が開いてないと思われるビニール袋を、できればふたつ以上、手袋のように手にハメる。
まずティッシュに血液を吸わせ、そのティッシュをつかんだまま、袋を裏返しにして、口を二重に結ぶ。
周辺に拡げないように更に拭き取って、裏返して結ぶ、これを気の済むまで繰り返す。

ウィルスに効く洗剤のようなものは、どこかに売ってるので、会社は常備しておけばよいだろう。
ホントは感染者本人が携帯して、こういう手技に慣れておくのが一番イイと思うんだけどね。

洗いに行ってる間に他の人が知らずに触れてしまわないように、まず周囲の注意を喚起したり、飛び散った場所が分からなくならないようにマーキングしたり、やれることはたくさんあるが、まあイイでしょう。
周囲の注意を喚起することは、差別の行動そのものであるかもしれないし、飛んだ血液の周囲を赤マジックで囲めば、えんがちょである。
必要性を知った上で行なうべきなのだが、ここまで言及するマスコミは皆無である。

どんくらいほぼゼロで、どんくらいゼロではないのかというと、まあこんくらいなのである。
隣で仕事していて、精液が飛んでくるかどうかについてはゼロといってもよいと思うが、血液については、こんくらいのゼロであろう。

どんくらい血液が危険なのかといえば、通常の病院では手術前にエイズ検査を行なって、陽性の場合には手術を拒否する。
知ってる者は、近づかないのである。

さて、

職場感染のリスク ほぼゼロ

職場感染のリスク ゼロではない

どちらの小見出しが適当であると感じるだろうか。


タコハマさんは、エイズ患者について何かを言いたいわけではない。
上記の危険性とその処理について、本人と周囲が知っていれば、危険性は格段に下がるのだから、避ける必要性も低くなるのだ。
気に喰わないのは、マスコミがそれを伝えないことである。

マスコミの論調は、ただ、大丈夫だから大丈夫らから、に聞こえてしょんがない。
いったいなんだよ、ほぼゼロて。

たとえばアメリカの刑務所で、感染者の囚人が、自分の血液で看守を脅したなどというニュースは、マスコミは伝えないであろう。
弱者は善人だろうという驕りなのか?
あまり関係ないと思う。
なぜなら、こりはマスコミ全体のインボーだからである。

読売はこの記事に、19面の上5段を割きながら、血液の文字は出てこない。
粘膜と粘膜が濃厚に接触することによって感染する、とは書きながら、血液について書かないのだから、たいへん興味深い。
新聞の読者は、職場で粘膜の濃厚な接触を避ければよいのだから、安全だなあ、などとと思うことになるだろう。
意図的だよなあ、こんなもん。

職場の粘膜はオトコの夢といふ冗談については割愛する。
インボーについても、今までたくさん書き杉田ので、飽きられるとコマるから省略するのである。


8月某日
ぼぼぼ盆は、明けたハズだよなあ。
なんでこんなにマケるの。(涙4滴)


>>kinさん
>ニュース見ながらこいつらいったい何処まで成長したいんだよと一人つっこんでましたが、やっぱり難しいことなのですね。
>どこかで現状維持しつつできる限りの多くの人が幸せになれるポイントは無いんですかね~


タコハマさんが幸せになれるように、ミサイル復活させてくれ。

>スロットの設定狙いをしなくなって早三ヶ月。収支の向上が著しいことからもどれだけスロが足引っ張ってたか実感しておりますw

スロはクギが見えないから、非常用が正解です。
オレもうずうっと一年半非常用。


>>沙耶さん
>蒼天は・・・ビック引いてなんぼよ!!!(違)


45連、おめでとうございます。
45連もした感想が、コレですか!

>蒼天は・・・ビック引いてなんぼよ!!!(違)

引いた主なもの、白7ビック3回てなに。
いったいなに、引いた主なもの、白7ビック3回て。

>ってか、ビックはよく引くんだよね~~~
>高設定には座ってない自信があるけどwwwww

>鬼は、愛情で小役引こうね♪

蒼鬼ナデナデ。
つつつ次やってみます。
Comment
≪この記事へのコメント≫
No title
おはよ~~

>世間は、なんでアタシを放っといてくれんのだろか。

世間=kinさんと私。
ほうっておいたら、タコハマさん、灰になっちゃうじゃん。。

>なんでこんなにマケるの。(涙4滴)

涙4滴じゃ~~たいしたことないから、号泣するまでがんばりましょうw
ってか、ハナハナとかばっかり打ってるから負けるんだよ~~!wwww
男は一発鬼武者で勝負です♪
2010/08/19(木) 08:16:11 | URL | 沙耶 #-[ 編集]
ミサイルってダイドーの普通機のことですよね?頑張りますよ!アナログ的な面白さは絶対必要ですからね
あ、タコハマさんタコラッシュ打たれました?アレは面白いですよ~。最近の台ではピカイチです。

世間の期待に応えるのが人気者の宿命ですよ( ̄▽ ̄)



2010/08/19(木) 23:01:41 | URL | kin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。