QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ハナハンペン日記
偶然と必然(2):
設定を読めない店は、二重の意味で使えない。
設定は入ってないのに、偶然の偏りだけで6オバになってる可能性があるからだ。
並みの6オバは出現するにもかかわらず、その出現を全く予想できない場合は、中間設定の偏りと区別できないのだから、捨てて充分である。
店のストーリーに乗っている6オバ以外に、すなわち読める6オバ以外に、意味はないのだ。

並みの6オバと書いたが、何が並みなのか。
ボナス出現6ちょうどは、問題外である。
次の回転から、6アンダーになるからである。
こんなもんは6でもなんでもない、4である。

6のスペックである合成1/150に対して、1/130付近が、並みである。
5,000G・1/130からでも、なんぼでも1/150-60まで落ちるから、中間設定でも1/130までならば、昇って来られるのだろうと思われる。

5,000G・1/130から、7,000G・1/150へ落ちても、最終的に1/150は6の値なのだからそれは6だろうという向きもあるだろうが、そりは違う。
5,000Gから7,000Gまでの2,000Gの間、1/240で爆死しているのだから、そんなもんは6ではない。
どこから打っても儲かる、それ6というものなのである。

6は、過去のコトを憶えていられない。
連チャンした後に、それを憶えていて、きちんとハマッてシゴトをする、これは5である。
6は、50回転もすると、三歩あるいたニワトリのように総てを忘れてしまう。
150回転辺りで思い出したようにペカッて、また連チャンが始まる、これが6である。

150回転目は、分かれ道である。
どんな確率分母でも、3回に1回は抜けるコトになっているからである。
設定1の1/190であろうが、設定6の1/150であろうが、いっぺん当たれば次の2ペカは分母内で当たり、1ペカは分母を抜ける。
これは確率論で決まっているのだから、もうどうしようもない。

けれども、分母内のどこで当たるかは自由である。
10回転以内に当たるのが、よい台である。
抜ける際も、151回転目でペカると、ニコー^O^としてしまうのである。
こうでもなければ、いかに6であろうと、1/120を抜けてホームランを打ったりはできない。

これらが高設定だと言うつもりはない。
あくまでも、よい台である。
6は、座ってからが勝負なのだ。
6を如何に調教するか、それが打ち手の器量といふものである。
間違っても、台に調教されてしまってはイケナい。

ビッグ連をしていて、ふと気づくと、最後のバケからバケ分母350Gを超えているコトがある。
このとき、バケが出たいよう出たいようといって、ペカ圧力は高まっているのである。
ビッグを消化して、3Gでまたペカ。
ほら、やっぱりね。
早いペカは、バケだよねと揃えてみれば、ビッグ。
こうやって、更にペカ圧力が高まってどんどんペカッてしまうといふ、これがまー6のペカる仕組みであろう。


12月某日(土)
出たいよう、という声が聞こえたような気がしたが、気のせいだった。
スイカは良いのだが、たいしてペカらない。
どうしようかと思ってたら、札が付いた。
なんだよこのスロマガ札て。

店内を一周してみると、スロマガ札は2以上というところ。
1はないが、6もない。
だいたい今日、あるのか?6。

こうなったからには、いっぺん正体見てやろう。
バケが悪いけどスイカが良い場合は、理屈ではスイカの勝ちのハズだ。

6オバから落ちないスイカを頼りに4時間ばかり回して、答え出ました、バケフラ1:6。
135否定。
6も無理。
4かい。

そのままノまれました。
2かな^^;。

スロマガ札、もう打たん。
メシ代マケ。

しかしまあハナのシマのデータの悪いこと。
出だしがよかった台は、全部チンボツ、1台も残っとらん。
こんなシマで、よくもメシ代で済んだもんだ。

・・・ハッ!
メシ代マケで済んだのは、スロマガ台を打っていたせいでは。(げろげろ)

といふわけで、今年はこれが打ち収め。
あったんか?餌撒き??
ちっとも判らんかっだぞ。(爆)


~ キンさんの、じーざすくらいすと日記 ~

クリスマスイブ実戦してきましたw

今回は夜からクリスマス会があるんで6時から撤退です。さて、クリスマスプレゼントを貰えるのでしょうか。


朝7時、僕は六枚交換のホールの前につきました。クリスマスイブの今日、一段と格別な強風が吹き荒ぶ中三時間耐え抜き、入店。
もちろんトップです。
そして僕のうしろにはなんと




ふ た り


シクシク。本当に今日大丈夫なのかょぅ。


気を取り直して実戦開始。
狙い台はもちろん前回6確(言い切ってokだと思います)で惜敗したツイン2。
111%のボナス軽めのRT機。前回の負債を考えると今日も6なら素晴らしい爆発を見せてくれることでしょう。

朝一揃う突入リプ。打ち変え無しの店なのは確認済み。コレは…もらいました!!
そして投資1kでビッグ。6枚でこれは嬉しい。ボナも軽いしこれで6時まで粘れれば最高だなぁと思います。

そしてハズレも出てベルも良好。単独ビッグも二回引けて絶好調の午後1時、ビッグ中にフリーズ。
揃う中チェ白7。
最強のナビストック21個確定。
以下割愛ですwww


あぁ、なんてしあわせなんだろう。
クリスマスなんで日本人には何の関係も無いと常々思いますが、はるか昔に生まれたキリストさん太郎のおかけで今日現代に生きる僕が設定6を打てるなんて、なんてロマンチックなんだろう(=´∀`)人(´∀`=)



キリストさん。今日だけ、ありがとう。

~~~~~~~


>PS.結局ひとつだけ浮きでした。
>スロットってなんなんでしょう。
>設定6打つまでが博打で(まぁ今回と前回は博打じゃなく確信ですけど)プレミアム役引いて2日6打ってもこんな結果…


泣けるなあ。
キリストさんに感謝しているところが、泣ける。
キリストさん太郎も、おやゆび三太郎の親戚ぽくてナイス。

>じーざす!!!!

どうしてもツカないときは・・・

あの女に連絡だ。(爆)

え?効かない??
信心が、信心が足りないっ。(核爆)


特別読み物; 偶然と必然(3)
たとへば、コインを入れてレバオンしてみてほしい。
次に、ちょっと踊りを踊ってから、レバオンしてみてほしい。
ほら、2回目はベルが揃っただろう。
差し引き4枚増えたのが踊りの効果であるのは、どうしようもなく事実だ。

このとき、ちょっとツイてきたかな、などと思っているのは、大局を見ていない。
踊りを踊ることによって変化するのは、5回転分や10回転分の乱数ではない。
いっとくけど、閉店までの総ての乱数が変化したのだ。
大貧民でいえば総取っ替え。
ポーカーでいっても総取っ替え。
禁じ手というより、イカサマである。
パチスロでこれを自由に行なえるコトを、君は忘れていないか。

総取っ替えでもしなきゃ、105パーのジャグでホームラン打ったりはできない。
ジャグは、連チャンしたコトをネチコく憶えているからである。

プロは、収束を願っているなどというけれど、誤りである。
収束を願っているのは、マケてるプロだけである。
マケてるプロなんぞの、いうことを聞いてはイケナい。

6は座ってからがしょんぶといふのは、つまりはこういふコトである。
いかにして、開発の思うツボから翔び出して、ペカの国の住人となるか。
カウンタ片手にいちんちブン回して、6なのか5なのかわからんグラフ描いた末に、5で閉店になってもしょんがないのら。

かしこ^ω^。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。