QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
地震通信
タコハマ通信:
ハナ打ってたら、グラグラしたのであった。
タコハマさんは、真っ先に逃げた。
コインがなかったから、未練がなかったのである。

電気が落ちて、そのまま閉店となった。
ああ。
6に座ってなくてよかった。(核爆)

帰りの道では、電柱が軒並み30度ばかり傾いていた。
国道の路面が裂けている所もあった。
信号も消えているのに、たくさんのクルマがスムーズに流れていたのは、交差点に居た兄ちゃんのお陰である。

交通量の多い交差点の一角に立って、片手一本でたくさんのクルマを、勝手に止めたり、流したりしている。
髪の毛ツンツンの兄ちゃん。
彼がいなければ、交通はかなりメンドクサいコトになっていたであろう。

橋の入り口では舗装が盛り上がっていて、いっぺん歩道を迂回しないと、クルマの通行が出来なくなっていた。
おっちゃんと兄ちゃんが、早くも周辺を掘り返しているのは、ボランティアであろう。
地震から1時間しか経ってないのに、役所が工事を発注しているわけがないのである。
偉いもんである。

橋が渋滞していたら、渡らずに引き返そうと思っていた。
橋の真ん中で立ち往生しているときに、余震やら津波やら食らったら、どうしようもないからである。
けれども舗装の盛り上がりのお陰で、橋の上はガラ空きだった。
橋から見下ろす川は、水位が上がって湖のようである。
これが津波というヤツかいな。

橋を渡り切ったところにある幹線が渋滞風味だったので、川沿いの裏道を走った。
堤防が切れるまでには、まだ1 mばかり水位に余裕があったハズである。
ところが10分ばかり走ると、うわーっ、道路が冠水しているではないか。

停車してよく見ると、たぶん水道管の破裂なのであった。
透明な水が、道路に噴き出している。
まあでも、路面の見えない道路は、今日はちょっと渡りたくない。

幹線へ折れて、途中のコンビニで菓子パンとジュースをカゴにいっぱい買った。
停電で暗い店内には、カゴいっぱいに食糧を持った10人くらいの客が、レジに並んでいる。
レジのオヤジは、日が暮れてどんどん暗くなる中で、ペンと電卓で一生懸命、会計をしている。
見れば客は、品物を自分でカゴから出して、オヤジが計算しやすいように、レジにきれいに並べているのであった。
まー、このオヤジの一生懸命さを見れば、協力したくなるかもしれない。

家に着いたら、被害は軽微であった。
食器棚も本棚も元のままで、冷蔵庫の中で、山形名物メンマコンニャクの袋が落ちているだけであった。
ついでながら、キムチコンニャクと昆布コンニャクはウマいのである。

停電の夜は寒かったが、いつも通りに寝てしまえば、実際はなんてことはないのであった。
飲み水は買い置きがあるし、ドイナカのガスはプロパンだから、止まることもない。
都会ではトイレの水に困るのかもしれないが、ドイナカには湧き水というものがあるのである。
どんだけドイナカなんだ。

不安なのは、ガソリンだった。
よりによって2台とも、あまり残っていたなかった。
帰って来る途中の5軒のスタンドは、ぜんぶ閉店である。
固定電話は止まっているから、ケータイを充電しておきたいのだが、エンジンをかけて充電すれば、ガソリンが減る。
さてどうしよう。

電柱が傾いていた割には、電気は翌日に回復して、たぶんそれに伴ってスタンドも再開されて、事なきを得た。
残るは水道だけだが、給水車は来るし、風呂は嫌いだ。
よっぽど風呂に入りたければ、復旧した電車に乗っていれば、そのうち銭湯の生きてる町にも着くだろうが、帰りに湯冷めするとコマるであろう。
科学的に言へば、人間はもともと風呂に入るようには出来ていないのだが、まあ、このハナシはまた今度。


大五郎さん通信:
あっ!と驚く大五郎!!

入院中のオヤジの様子をみに仙台に向かっとる時、ケータイが聞きなれない音でブルってる。
と、思うまもなく運転中のハンドルに違和感!
前の車がスローになり、自分も止まった。
なんじゃこりゃ!!

お盆に乗っけられて、まぁるく揺すられてる感じ…
気持ち悪い(@_@)
そして隣でなかばパニックの相方…

オヤジは病院の皆さんがついてるから大丈夫であろう!
回れ右した車中でラジオが大津波注意報と叫び なんと10㍍の高さと言ってる!
聞いたことねーよ 10㍍の津波なんて(・・;)

とりあえず連絡がとれた人はみんな無事、当たり前か…

ラジオでは亡くなった方が少数でないことを伝えてる。
明日はわが身、災害は忘れた頃にやって来る。
2011年03月11日


>>沙耶さん
>お!
>安心した。メルしても返事ないから津波にさらわれたかと。。心配してたよ。
>ついさっきAUはヘボいってきいて、そういや、AUだったなぁと(笑)
>よかった。


>>キンさん
>皆さんご無事で、なによりです。
>こんびさんは大丈夫でしょうか?


>>こんびさん
>どうもどうも!

>無事でございます!



まーみんな無事でよかったな^^。
大五郎さんは震源近くだし、沙耶さんだって出張中だったもんなあ。
Comment
≪この記事へのコメント≫
No title
お借りします。

大五郎たん、ご無事でなによりです。
安心しました・・・。
不自由な事も多いだろうけど
乗り切ってほしいです。
2011/03/14(月) 23:34:21 | URL | 美咲 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。