QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
メーカーとオペレーター
本日の予測:
原子炉への電源復旧は、外部から敷地中央辺りまで引いた時点で、これ以上は放射能が高くて進めません、というオチになると思っていた。
逃げマクリ会見に加えて、イラ菅に”ハラをキメてください”と言わせた人たちである。
ハラがキマッてるように見える人に、ハラをキメろとは言わないだろう。

ところが本日、仮設電源ケーブルは、1・2号機まで敷かれた。
次は、建物内の照明を点けるそうである。
照明を点けるからには、建物の中へ入るつもりなのであろう。
2号機は、原子炉に穴が開いてるハズだよ。

なんかヘンだな。
タコハマの予測の根本が、崩壊しているではないか。

今朝の新聞を見て、ナゾが解けた、と思う。
原子炉メーカーである日立の社員が、ケーブルを敷設して電源を復旧させたのだそうである。
一昨日までに、60人が第一原発へ入ったそうである。

こうなってくると、アタシには予測が難しい。
放置されたらどうなるか、の予測ではなくなるからである。

考えてみれば東電は、電力のメーカーではあるけれど、発電機のメーカーではない。
おカネの流れからいえば、発電機の発注者、お客さまである。
メーカーの作ったマニュアルの通りに操作して、壊れたらメーカーに丸投げというのは、普通のコトであろう。
記者会見に引っ張り出されて、お客さまはさぞかし怖かったに違いない。

そういうわけで、今後はたいした予測は出来そうにない。
プロの行動など、シロウトには読めないからである。

移住せずに、済むかな。^^;
Comment
≪この記事へのコメント≫
No title
東海村の時も今回も打開するのは名もなき人たち。


間違えても九州まで逃げてしまうような「先生」ではない!


予定の時間になっても放水しなかったことでジリジリしていた自分が恥ずかしいです…


今生の別れかもしれない…と家族とメールを交わした、と聞き涙がポロポロおちてきました。


事態はまだまだだけど、信じて祈る。



それしかできないもんな
2011/03/20(日) 18:14:18 | URL | 大五郎SP #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。