QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ことになった
タコハマさんは、タバコを一本、手に持つことになった。
それから、火を点けることになった。
トントンと、灰を落とすことになった。
タコハマさんは、納豆を食べることになっとう。アレ?

保安院の会見を見ていて、脳が納豆になったのであった。
することになった、なんてことは、世の中にはほとんど無いのにねー。
誰かが、することに決めた、というのが、実際に起こってることだろう。

学級委員が

「マンガを学校に持ってきたらダメということになりましたー」
「これからキチンとすることになりましたー」

と言うのと同じレベルで、原子炉の圧を抜くことになりました。

抜くことになったのか。
なったのなら、しょんがないよなあ。
桃だってミカンだって、放っておけば木になるのだ。
そんなら圧だって、抜くことになるだろう。
放射能だって、一緒に出ることになるだろう。

決定の主体を、明確に示そうとしてるのは、枝野だけだね。
東電のトップも、タマに示すことはあるんだけど、決まってるのよ、そのときの意志決定の主体は。

「現場の判断です」

だからボクちん知らないよー。 (右手上げる)
おねがいそんなに責めないでー。 (左手上げる)
ホントになんにも知らないのー。 (くるくる回る)


>>大五郎さん
>東海村の時も今回も打開するのは名もなき人たち。
>間違えても九州まで逃げてしまうような「先生」ではない!


なんて勇気のある先生^O^;;;。
密かに逃げるならともかく、公言して逃げたんなら、ナニゴトかアピールしたかったんだろか。
んでも原爆症関連の先生には、広島と長崎を拠点にしてる人が多いから、分かりづらいですよね。

日立の社員は、名もなき人といえば名もなき人だけど、自力で原子炉作って納品するんだから、たぶんたいした人たちなんだろうと思います。
東電の下請けの可哀そうな人というイメージとは、ちょと違うと推測しますね。
日立の原子力研究所は、高級住宅地の中のお山まるごとひとつの恵まれた広い敷地の中にあって、いかにも名門企業という感じで、近くのパチ屋はバリバリ出ましたっけ。(爆)

元メーカー社員として推測すれば、コケた原子炉の設計・開発に携わった人間は、行きたくないキモチと同時に、行きたいキモチを多かれ少なかれ持ってるでしょうね。
興味と、プライドかなあ。

>予定の時間になっても放水しなかったことでジリジリしていた自分が恥ずかしいです…
>今生の別れかもしれない…と家族とメールを交わした、と聞き涙がポロポロおちてきました。


あれ見るとホロリと来ますね。
でも水を掛けている人たちは、被爆量の報告を見る限りでは、死ぬことはないと思います。
警察の放水車は、数分間しか放水できないにもかかわらず、50 mの距離に近づくのが危険と言って失敗したし。

日立は建物までケーブルを敷設したんだから、警察の放水車に較べればずいぶん危険といえますが、でも彼らは滅多なこっちゃ死なないだろうと思います。
自分の被爆管理は、たぶん基本中の基本だから、放射線症なんぞで死ぬのは、プロのプライドが許さないんじゃないかな。
でも、ぐわいが悪くなる人は、出るかもしんないねー。
オレ、個人的な思い入れ強杉かな^^;。

>事態はまだまだだけど、信じて祈る。
>それしかできないもんな


そうですね。


おことわり:
ぼくちん知らない♪のお歌を、不謹慎だという人は、いるだろう。
けれどもNHKニュースでさえ、解説委員がコケにしたのである。
バカな行動をとれば、バカにされるのが、健康な社会なのである。

付け加えれば、どんなに周囲から非難されていても、それらが全部、祝福と賞賛に変わることがある。
目的を、達成したときだ。

来るのか、そんな日が^^;。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。