QLOOKアクセス解析

タコハマドラクエ日記

パチもスロも打つ専業の日記です。ナニカを売らなければおカネは入ってこないという経済の大原則から自由になり得た我らこそ、ホンモノの自由人だー。見よ。我らにとっておカネは、木の葉よりも軽い!ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
宮城県知事の誤り
宮城県知事の誤り:
本日の朝日の朝刊によれば、宮城県産の農産物は、村井知事の方針により、放射能検査を行なわずに出荷するそうである。
通常の50倍の放射線が空気中で測定されたけれど、これは10日間続いても屋内退避基準の1/25だから大丈夫なのだそうである。
こんな言い方をどこで覚えた^O^;。

屋内退避基準の1/25だといっても、たくさん食べれば同じである。
カラダの中を、屋内退避にしてどうする。

第一の誤りは、屋内退避基準を、農産物に適用していることである。
農産物が、ビニールハウスに屋内退避してればイイというならば、それはアマリにブラックな冗談であろう。

第二の誤りは、大丈夫だから、データは要らない、とする順番である。
大丈夫だと思うのはよいけれど、それをデータで確認すべきなのである。
検査をしないのは、大丈夫と主張するにしろ、大丈夫ではないと主張するにしろ、問題外である。

第三の誤りは、これが今後は重要になってくると思うのだが、生物の体内の仕組みを、理解していないことである。
我々が岩を食ってるならば、空気中の放射能を測っていればよいだろう。
けれども生物は、岩とは違って、色々なものを吸収して、そして濃縮する。
野菜や果物が、根元の土よりも美味しいのは、このためである。
農産物の検査は、欠かせないのだ。

タコハマさんが気に入らないのは、検査をせずに出荷することに、なんとなく県の農業と県民を守るような雰囲気がある点である。
けれどもこれは実際には、最も多く消費するのが地元であろうことを考えれば、逆であろう。
検査をして内容を隠したり破棄したりするのは、どこぞの政府がやりそうなコトだが、検査をしないのは、コレを超えている。
データがなければ、問題が起きたときに、県民はケツの持って行きようがない。
検査しないことによる風評被害だって、妙なデータが出てしまったときの風評被害よりも、小さいとは限らないであろう。

タコハマさんだって、昨日までの原発の状況で、食ってどうこうなるよな農産物が出来ているとは思わない。
10日間に渡って流通がコケている状況では、なんでも食って元気になった方が、よほど健康的であろう。
けれども、ソレとコレとは、別問題なのである。
データは、採り続けるべきなのだ。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
Comment
≪この記事へのコメント≫
データは、採り続けなければならないのです。ぱちのステージ入賞でも、スロの差枚数やバケ出現率でも。

とうとう東京都でも乳児は水飲んだらいかんみたいな情報が飛び交いましたが…これってどうなんでしょう!

それでも、1人暮らし4日目のkinは水道水で米をとぎ続けるのでした。
2011/03/23(水) 16:53:00 | URL | kin #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。